新茶の時期にお茶会

新緑のまぶしい季節になりました。八十八夜に摘まれたお茶を飲むと長生きできると言われています。今年の八十八夜は5月2日になるようですが、少し遅れて5月10日お茶会を開きました。

向先生とお弟子さんから本格的な茶道の作法を教えていただきながら、美味しく頂戴しました。陶芸の仕事をされていた利用者は、「このような立派なお茶碗でお茶を飲めるのは、至福の時だ」と喜ばれていました。

※画像をクリックすると拡大表示されます。

前の記事

ジャガイモの収穫