節分

2月2日、「鬼は外、福は内」の声が苑内に響きました。

2月2日の節分は124年ぶりという珍しい日を迎えられたことを喜び、疫病退散を祈りながら、職員が扮した鬼に向かって豆を投げました。

鬼に当たるたびに歓声が起き、豆を口にしようとする利用者に慌てながら、楽しく節分を過ごしました。

今年こそは新型コロナが終息し、また花見やドライブができるようになればいいですね。

※画像をクリックすると拡大表示されます。

前の記事

節分